M5Stack GRAYでUIFlowのBLE UARTを使う

M5Stack GRAY + UIFLowでも「BLE UART」パネルを使いたい!

前提

  • M5Stack GRAYはBluetooth対応
  • M5Stack GRAY用の最新ファームウェアはUIFlow v.1.9.6
  • UIFlow IDEではDeviceが「Fire」か「Core2」じゃないと「BLE UART」のパネルが出てこない!

手順

  1. M5Stack GRAYのファームウェアをUIFlow_Fire v1.7.5にする。
    ※v1.9.xだと、実行時にエラーが出る
  2. UIFlow IDEのDeviceはFireを選択

M5Stack用ジェスチャーユニットの値

M5Stack用ジェスチャーユニットを購入したが、各ジェスチャーに対応する値がどこにも書いてなかったので、自分で調べた結果のメモ。
販売サイトにはデフォルトジェスチャーとして9つ紹介されているが、その他にも4パターンが検知できる模様。

■無検知
None: 0

■基本動作
Up: 4
Down: 8
Right: 1
Left: 2
Forward: 32
Backward: 16

■回転動作
Clockwise: 64
Anti-Clockwise: 128

■連続動作
Wave: 256
Wave-Slowly-Left-Right: 3
Wave-Slowly-Up-Down: 12
Wave-Slowly-Forward-Backward: 48
Wave-Slowly-Disorder*: 512

*このモーションは検知できなかった。どういう動作を想定しているのか…

ラズパイ4 + Node.jsで OLEDディプレイを使う

OLEDモジュールをラズパイ4+Node.js環境で使うための覚え書。

作業環境

作業手順

1.OLEDディプレイを繋ぐ
2.Config画面を開いて、I2Cデバイスとの通信を有効化
$ sudo raspi-config

Interfacing Options -> P5 I2C -> YES

3.ラズパイをリブート
$ sudo reboot
4.I2Cデバイスのアドレスを確認
$ i2cdetect -y 1

     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 3c -- -- --
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
70: -- -- -- -- -- -- -- --
5.モジュールをインストール

$ npm install raspi-io
$ npm install johnny-five
$ npm install oled-js
$ npm install pngparse png-to-lcd oled-font-5x7
6.スクリプトを作成
const five = require('johnny-five');
const raspi = require('raspi-io').RaspiIO;
const board = new five.Board({
	io: new raspi()
});

const Oled = require('oled-js');
const font = require('oled-font-5x7');

board.on('ready',() => {
	console.log('Connected to OLED, ready.');
	const opts = {
		width: 128,
	    height: 64, 
	    address: 0x3C
	};
	oled = new Oled(board, five, opts);
	oled.clearDisplay();
	oled.setCursor(1, 1);
	oled.writeString(font, 1,"Hello World!", 1, true, 2);
	oled.update();
});
7.スクリプトを実行
$ node ./index.js

おしまい!

参考サイト

ESP32-CAMのStream動画をA-FrameのVR空間に表示する

M5Camera Xの動画をA-FrameのVR空間内に表示させたいと思ったが、Motion JPEG stream形式だと、デフォルトの機能(image、video)では対応できなかった。

で、調べたところドンピシャのページを発見。仕組みはよく分からんけど、サンプル通りのコンポーネント作ったらすんなり表示できた!!

>> Use Motion JPEG stream as a source of 360 deg image

AFRAME.registerComponent('box', {
    schema: {
        width: { type: 'number', default: 1 },
        height: { type: 'number', default: 1 },
        depth: { type: 'number', default: 1 },
        color: { type: 'color', default: '#AAA' }
    },

    init: function () {
        var data = this.data;
        var el = this.el;

        this.loader = new THREE.TextureLoader();

        this.geometry = new THREE.BoxBufferGeometry(data.width, data.height, data.depth);
        this.material = new THREE.MeshPhongMaterial({
            map: this.getImage()
        });
        this.material.needsUpdate = true;
        this.mesh = new THREE.Mesh(this.geometry, this.material);
        el.setObject3D('mesh', this.mesh);
    },

    tick: function (time, timeDelta) {
        this.mesh.material.map.img = this.getImage();
        this.mesh.material.map.needsUpdate = true;
    },

    getImage: function() {
        return this.loader.load("ストリーム動画のパス");
    }

サンプルでは立方体だが、下記の部分をいじれば、他のプリミティブでもいける。

this.geometry = new THREE.BoxBufferGeometry(data.width, data.height, data.depth);

synology NAS Web Stationのhtml内でphpを実行する。

完全に自分めも

1.sshでNASにログインする

2. /var/packages/Webstation/target/misc/VirtualHost-apache24.mustache を編集
<FileMatch “\.(php[345]? | phtml|html)$”>

htmlを追加

3.php72_fpm_mustache を編集
security.limit_extension = .php .php3 .php4 .php5 .phtml .html

.htmlを追加

4. 管理画面のパッケージセンターでApacheとphpを再起動

Apache PHPともに複数バージョン入れている場合はすべて対応が必要。
新しいパッケージを追加して処置を忘れていると access denied.のエラーになる。
DSMのバージョンアップした際も同じく処理が必要。

M5CameraXをカメラサーバにする

M5CameraXを買ってみたが、Wifi接続しなきゃならんってのが不便極まりない。ググったらステーションモードにできるらしいと分かったので、早速、先人の方々の情報を参考に、ArdinoIDE(1.8.13)のCameraWebSerberのスケッチを書き込んでみた。

書き込み自体はあっさり成功したが、シリアルモニタが文字化けしてて、アクセス先が分からない…通信速度を「115200bps」にしないとアカンのね。

参考サイト

バランスwiiボードをNode.jsで使ってみる

中古のバランスwiiボードを貰ったので、なんかに活用できないかと色々調べてみたが、微妙に情報が古かったり環境の設定が結構面倒なものばかりだった。
…が、「wii-balance-board-pi」って気になるNode.jsのモジュールがあったのでラズパイ4入れてみたところサクッと使えた。

【検証環境】

  • Raspberry Pi 4
  • raspbian 10.4
  • Node.js 8.15

【設定方法】
基本的には、Githubのページに書いてある通りにするだけ。
サンプルスクリプトもシンプルだが、これだけで十分な内容。

  1. モジュールをインストール
    npm i -s wii-balance-board-pi
  2. 通信用のPythonプログラムを入れる
    sudo apt-get --assume-yes install bluez python-bluez python-gobject python-dbus
  3. ラズパイを再起動
    sudo reboot
  4. サンプルスクリプトを実行
    const BalanceBoard = require("wii-balance-board-pi");
    
    var balanceBoard = new BalanceBoard();
    
    balanceBoard.connect();
    
    balanceBoard.on("data", data => {
      console.log(data);
    });
  5. バランスWiiボードの電池カバー開け、シンクロボタン(赤いやつ)を押す。
  6. ちょっと待ってると自動的にラズパイと繋がって、各センサ直がコンソールに表示される。
    {
        connected: boolean,
        topLeft: float,
        topRight: float,
        bottomLeft: float,
        bottomRight: float,
        totalWeight: float,
        buttonPressed: boolean,
        buttonReleased: boolean
    }

4角にあるセンサ値と全体の重さ(kg)、前面にあるボタンの状態がJSONで取得できるので、あとは好きに料理するだけ!
これはお手軽で便利だ。

オレオレ認証サイトをChromeで見る方法

Chromeのアップデートに伴い、Node.jsでオレオレ認証のサーバに完全にアクセスできなくなってしまった。
ちょっと前までは、リクス覚悟で見るか?ってリンクが出てたので、それでアクセスできたけれど、そのリンクも出なくなった…

クリアできる証明書の作り方もある様だが、こちらの技量ではお手上げレベルなので困ってたが、アクセスをブロックしてる旨のページのどこでも良いので、
ページ内の適当な箇所をクリックして、「thisisunsafe」とタイプ & Enterで、見事にアクセスできた!

それにしても、G社のおかげで、こっちの世界もどんどん面倒臭くなるな。

参考サイト

ラズパイ & Node.js でMQTTサーバを立てる

HEROKUを使えば、サクッとMQTTサーバができるらしいが、色々自前でやりたいので調べてみたら、「mosca」ってのを使えば、Node.jsでサーバ作れるし、「mqtt.js」を使えば、クライアント側もできるらしいので、早速やってみた。
Node.jsはすごいねぇ。

Brokerサーバの構築

1.moscaのインストール
npm install mosca
2.基本的なスクリプト
var mosca = require('mosca');
var server = new mosca.Server({
	port: <サーバのポート番号>,
});

/*準備完了*/
server.on('ready', function(){
	console.log('Server is ready.');
});

/*クライアントが接続された*/
server.on('clientConnected', function(client){
	console.log('broker.on.connected.', 'client:', client.id);
});

/*クライアントが切断されrた*/
server.on('clientDisconnected', function(client){
	console.log('broker.on.disconnected.', 'client:', client.id);
});

/*Subscriberからデータの配信要望が来た*/
	server.on('subscribed', function(topic, client){
	console.log('broker.on.subscribed.', 'client:', client.id, 'topic:', topic);
});

/*Subscriberからデータの配信停止要望が来た*/
	server.on('unsubscribed', function(topic, client){
	console.log('broker.on.unsubscribed.', 'client:', client.id); 
});
	
/*Publisherからデータが送信された*/
server.on('published', function(packet, client){
	if (/\/new\//.test(packet.topic)){
		return;
	}
	if (/\/disconnect\//.test(packet.topic)){
		return;
	}
	console.log('broker.on.published.', 'client:', client.id);
});

/*MQTTサーバをHTTP サーバに結びつける*/
var http = require('http');
var httpServer = http.createServer();
server.attachHttpServer(httpServer);
httpServer.listen(<サーバのポート番号>);

Node.jsでのクライアント機能の実装

1. mqtt.jsのインストール
npm install mqtt

※ブラウザから実行する場合は埋め込み利用も可

<script src="https://unpkg.com/mqtt/dist/mqtt.min.js"></script>
2. 初期化スクリプト
const mqtt = require('mqtt');
var client = mqtt.connect({
	host: ' ',
	port: ,
	clientId: '<自分のID>'	//任意(無しの場合は自動設定)
});

/*Brokerサーバに接続*/
client.on('connect', function(){
	console.log('publisher.connected.');
});

データの送信(Publisher)

/*データ配信*/
client.publish('<任意のTOPIC>',<送信データ>);

データの受信(Subscriber)

/*購読希望リクエスト*/
client.subscribe('<購読希望TOPIC>');

/*データ受信*/
client.on("message", (topic, payload) => {
	console.log(topic);
	var message = payload.toString('utf-8');
	//var message = String.fromCharCode.apply(null, payload);
	console.log(message);
});

参考サイト


無事MQTTサーバができたので、micro:bitとHalocodeを双方向で通信させてみた。