RM Mini 3(黒豆)をGogole home miniで使う。

RM Mini 3(黒豆)を設定しようと「e-control」ってアプリ入れて普通に使おうとすると「正規品ではないため日本国内で利用できません」って出てきて、どうにもできない。

  1. スマホの言語設定を日本語にしてやる。
  2. ヴァージョン3.7.8以前のe-controlアプリを入れる。

ネットで調べると、上記の2種類の方法があり、どちらでも黒豆の設定や制御は可能だった。
だが、せっかく対応した筈のGoole Home miniが認識してくれない。

どうも、ユーザー登録データがLinkJapan側に行っちゃう様で、Google homeのデバイス登録時に、IDとPWがちゃんと認証されないっぽい。

….という訳で、e-conrolの利用は諦めてIntelligent Home Center(IHC)ってアプリを入れてみたら、すべての問題がすんなり解決した。以下、その手順。

  1. BroadLinkオフィシャルサイトからIHCのapkをダウンロード
    日本のGoogle Playからはダウンロードできない。
  2. すでに黒豆をあれこれ設定してたら、リセットボタンを押して一旦初期化。
  3. IHCを起動して、Wifiの設定とユーザー登録を行う。
  4. 照明やエアコンなどのリモコンを、どんどん登録していく。
  5. Goole Homeアプリから > メニュー > スマートホーム > デバイス追加(プラスボタン) > BroadLink Smart Homeを選択
  6. 上記2で登録したユーザーIDとPWを入力
  7. 上記4で設定したデバイスが表示されたら、成功!

これで、Google homeから黒豆を操作する事ができた!
なお、Goole Homeはなぜかエアコンと照明だけしか認識してくれないので、テレビとかのリモコンも照明として設定しないと行けないので、ご注意を!

ejsでテンプレートのパスが通らない件

Node.js + express + ejsの環境で、下記みたいに書いてたが、ejsのテンプレートファイルが見つからないって、エラー(Error: Cannot find module ‘views/’)になる。

app.get("/", function(req, res) {
    res.render('./views/temp.ejs', { title: 'SAMPLE'});
});

で、どうしたもんかと2日ばかり悩んだが、express.staticで、ルートのパスを指定すれば、動いた。

app.use(express.static('./views'));

app.get("/", function(req, res) {
    res.render('temp.ejs', { title: 'SAMPLE'});
});

…ただ、これが正解かどうかは怪しいので、どなたか正解プリーズ!

ラズパイ3にgoogle-home-notifierを入れるメモ

Raspberry Pi 3 にgoogle-home-notifier入れようと思ったら微妙に手間取ったので、メモ。

$ npm init
$ npm install google-home-notifier

※「fatal error: dns_sd.h: そのようなファイルやディレクトリはありません」 ってエラーが出た場合は下記を実行してから、再度インストールする。
$ sudo apt-get install libavahi-compat-libdnssd-dev

Goome homeのアドレスをサクッと調べるために、「multicast-dns」も入れとく。
$ npm install multicast-dns
参考サイト:
Raspberry PiからGoogle Homeを喋らせる
Google Homeの名前とIPアドレスを検出する方法

DialogflowでGoogle Home用アプリを作ってみた結果報告

Google Home miniが事務所に来たので、色々な参考サイトを見ながら、Dialogflowで早速アプリを作ってみた。
が、実際の画面と参考サイトの説明にズレが出てたので、苦労した点をメモ。

●intents作成画面に、「User Says」って項目が無い!
「Training phrases」って項目に変更になった模様。
●Integrations画面に「Google Assistant」のon/offボタンがない
デフォルトでon状態になってて、切り替え不要になった模様。
●intents作成画面の「FulfilIntent」項目に、「Use webhook」ってチェックボックスが無い!
“Enable webhook call for this intent”って表記に変更になった模様。
●FulfilIntentのinline Editorにサンプルスクリプト入れても、エラーで動かない!
インスタンスの作成方法やパラメータの取得方法が、かなり変わってる模様。
とりあえず、シンプルなテンプレソースはこんな感じ。(オレンジの部分は、良くわからんのでそのまま使う。)

'use strict'; const functions = require('firebase-functions'); const {WebhookClient} = require('dialogflow-fulfillment'); const {Card, Suggestion} = require('dialogflow-fulfillment'); process.env.DEBUG = 'dialogflow:debug'; // enables lib debugging statements exports.dialogflowFirebaseFulfillment = functions.https.onRequest((request, response) => { const agent = new WebhookClient({ request, response });
function yourFunctionHandler(agent) { //Actionで取得したパラメータを取得 let paramVal = agent.parameters['PARAMETER NAME']; //ログにトレースする console.log("PARAMETER NAME = " + paramVal); //結果を喋らせる agent.add(paramVal + 'です'); } let intentMap = new Map(); //ファンクションをintentに登録する intentMap.set('INTENT_NAME', yourFunctionHandler); agent.handleRequest(intentMap); });

Monacaデバッカーがコケる件

Android版のMonacaデバッカーを7.0.2にアップデートしたら、プロジェクトの再生で急にコケる様になった。

●端末が縦固定に設定されてる。
●プロジェクトがLandscape(横)設定にしてる。

この組み合わせの場合に発生するっぽい。
ちなみに、アプリにしたらこの問題は発生しない。

ついでに、ダッシューボードにログインする度にアカウントの言語設定がリセットされちゃうのも、地味に困る

iOSのSafariでColorboxの表示がセンターに来ない件

モーダル表示で何かと便利なColorboxだが、iOSのSafariだと、ウィンドウがが縦センターじゃなく上の方に出る。どうも、表示時のアニメーションが原因らしい。

なので、’transition’を’none’にしてアニメーションを切ってみたら、ちゃんと出てきた。(デフォルト値は’elastic’)

$(".colorbox").colorbox({transition:"none"});

古いスマホでe.preventDefault()が効かない件

ちょっと古いスマホ(iPhone5SとかAndroidの4.x 辺り)のブラウザだと、e.preventDefault()が効かないので、a タグの処理が走ってしまう….

で、ググったりテストしたりして、分かったこと。

  • onClickだと、どうやっても無理。
  • onTouchEndでも、どうにも無理。
  • onTouchStartなら行けそう!
  • e.stopPropagation()はなんか、効くっぽい。

って事で、以下の様な感じにしたら、なんとか動いた。


$('a').on("touchstart",function(e){
	e.preventDefault(); 	 ←普通はこれでキャンセル
	e.stopPropagation();	 ←問題スマホは、これでキャンセル
	//処理内容
}

線を描くアニメーション

Canvasでサクッと描画できるのはいいけど、描画過程を見せたくて、線を引っ張る過程をアニメーションさせる方法を模索中。

Line Animation

始点のと終点の座標から、角度と線分の長さを割り出し、始点から終点に向かって、ちょっとづつ線を描いては消す…ってのを繰り返すってだけがが、そこそこ成功。

なお、描画にはタイマー関数ではなく、「requestAnimationFrame」を使ってます。

>>Canvasアニメーションの要点

Monacaでリンクを外部ブラウザで開く

Monakaアプリからリンクを開く場合、「InAppBrowserプラグイン」を有効にしとかないと、外部ブラウザで開かんそうだ。

この辺の仕様もちょこちょこ変わるから、ちゃんと分かるようにしといてくれんかな。

>>monaca – monacaデバッガーでは正常に見えるのに実機にインストールすると外部リンクが正常に表示されない – スタック・オーバーフロー

肘の位置を調べる

ふと思う所があって、手先の座標から肘の座標を調べる方法を調べてたら、そのものズバリな師匠サイトがあった。

>>三角形の2点の座標と各辺の長さから、残る1点の座標を求める

説明も理解できないままに、素直にサンプルスクリプトをJavaScriptに置き換えて試してみたら、上手く行った。

Elbow finder

そして、未だに仕組みは分からない。